4つの滝といった紅葉

岐阜県内でおススメの紅葉パートをご紹介。
損イオンを浴びながら紅葉を楽しむならこっち、「横谷峡」だ。
岐阜県内下呂市金山通り金山(白山地以内)における4つの滝を喜べるパートとなっています。
ここでは、馬瀬川の支流、白山通りの隣席川谷入口から約1キロの所に白滝があります。白滝は落差17mいらっしゃる滝となっています。こから二度と50mほど先に進むと二見滝があります。二見滝は落差13mあります。二度と、300m先に進むと紅葉滝があり落差9メートル、そこから100mで到達する4つ目の鶏鳴滝は落差33mの迫力ある滝となっています。
こういう鶏鳴滝は秘法の滝を探し出しこういう滝へたどり着いた黄金姫伝説の地点とされています。
こういう4つの滝、それぞれでコントラストの違う紅葉を楽しむことが出来ます。
紅葉滝までの川沿いをあるく散策行程は紅葉がりには至って意志が素晴らしく、人気を集めている行程となっています。どうにも一度の行程で4つの滝を見られる箇所というのも少ないと思います。
こういう箇所は「飛騨木曽川国定公園」に指定されておる代表的な名勝だ。
それぞれの個性のある滝と色とりどりに色づいた紅葉の色あいは見分けるやつを魅了する絶景だ。道路も整備されているので女性でも子どもも気軽にワンダーフォーゲルを楽しめます。
こちらの紅葉の見ごろは11ひと月上旬から11月下季節となっています。
4つの滝で銘銘違うシーンを楽しむ紅葉がりにぜひ、足を運んでみませんか?

岐阜県内でおススメした紅葉パートはここ!!
岐阜県内加茂郡七宗通り飛騨川周辺にある「飛水峡」だ。
飛水峡は飛騨川の岐阜県内加茂郡白川通りから七宗通りにつき抜ける約12キロの峡谷だ。ここでは飛騨川を広がる峡谷のダイナミックなコントラストって綺麗に色づく紅葉が美しいパートだ。
飛水峡では、長年の濁流にて、甌穴(ポット広間)と呼ばれる河下や河岸の岩石要素上に望める円形の落とし穴が数多く見られ、これが日本の天然記念物に指定されてあり、また、「日本の地質百選」にも決めるほど可愛らしいコントラストとなっています。
そういう可愛いところに秋になると優秀紅葉が見られます。元々素敵な場所に色づいた紅葉がぐんと上手くし、見ごたえのあるコントラストとしてもらえる。
飛水峡の紅葉の見ごろは11ひと月上旬から11ひと月中旬となっています。主に、ヤマザクラ、モミジ、ケヤキなどが色とりどりに色づきます。
飛水峡ではラフティングなども行われてあり、また違う視点から紅葉を楽しむことが出来ます。
紅葉と水の音響が見極める感情を癒してくれるパートとなっています。
また、移動を楽しみながら12キロに関する有難い峡谷のコントラストと紅葉のコラボレートをぜひともお楽しみいただけたらと思います。おススメの場所は国道41号線のポッケパークからが美貌ポイントです。移動の途中にぜひともご覧になってなってください。
まったく物珍しいポット広間と圧倒される峡谷、可愛らしい紅葉で癒しの一日になるでしょう。詳細はこちら